税務処理とモラルの欠如

8月 20, 2010 on 10:37 am | In 税務処理の必要性について | Comments Off

大きな脱税の事件でその会社の税務処理をしていた税理士さんも逮捕されたというニュースがありましたね。
正しく納税をする手助けをし、税務処理をするのが税理士の仕事です。
脱税額もびっくりするくらいの額でしたよ。5億くらい。
税理士さんでも人間ですから、そういった悪いとこに流されてしまう人がいるのは仕方ないですが。
政治家だって、警察だって、普通の人間。
でも、自分の立場が与える影響をよく考えてもらいたいですね。
私みたいな、特になんの立場もない一般市民が何かしたって、なんの影響もないかもしれませんがね。。。

あと、昨年だったか、弁護士とか司法書士の税務処理が税務調査によって誤りだと指摘されて、重加算税とか過少申告加算税などの追徴課税を支払ったニュースもありましたね。
税務処理が間違っていたならともかく、所得隠しですから。

その弁護士さんや司法書士の方は、払いすぎている、借金の利子を取り戻してくれる過払い金返還請求を代理で行っているそうですが、その返金分を消費者金融から自分の銀行振り込みでもらって、その中から差し引いた着手金や報酬を、収入からのぞいて所得を隠していたそうです。
それに関しては、報酬が大きすぎる額だとかで別の方でも様々な問題があるようですね。
弁護士や司法書士さんも、与える影響ははかりしれませんが、納税者の一人として、モラルが欠如していたんでしょうか。
これからは、間違いのない税務処理が行われるようにしてもらいたいものです。

規則正しく税務処理しましょう!

9月 29, 2009 on 9:09 am | In 税務処理の必要性について | Comments Off

こんにちは。今日は税務調査の対象になる会社のお話しをしたいと思います。
日本全国にある会社の数は約300万社、そのうちの約15万社が税務調査の対象になるといわれています。大体全体の約5%になるのですが、どうやってその会社を選んでいるんでしょうか?

もちろん、税務調査に入られやすい業種だったり、その要素は色々あるのですが、「規則正しくない」税務処理が原因になっていることもあるんですよ。
例えば
●社員の給与は増えているのに、福利厚生費などが増えていないのは、架空人件費があるのでは?
●店舗の数が増えているのに、売上が伸びていないのは、売上を抜いているのでは?
税務調査官は経験に基づいて予測します。ですから、目をつけられやすい「不規則なところ」に意識をおいて処理することがとても重要になりますよ。

でも、適正に税務処理をしていたとしても「不規則なところ」が出てしまうこともあります。取引の形態が変わってから、利益率に変化が生じることもあります。こういったときに税務調査は入りやすいのですが、それでも適正な処理をしていれば、もちろんなんの問題もありません。

他にも、ほんの些細なことで税務処理が疑われることもあります。ある会社に税務調査が入ったときに、取引先への請求書が2種類あったそうです。当然、「なぜ、フォーマットが2つあるのですか?」と税務官から指摘が。これは単に請求書の発行システムを変更しただけだったのです。ある期間において、両方の請求書のシステムが存在し、目をつけられたということなんですね。
処理上、「不規則なところ」がないか、あなたもしっかり確認しておきましょう。

きちんと税務処理

7月 17, 2008 on 11:36 am | In 税務処理の必要性について | Comments Off

3~4年に一度、税務調査が行われているのはご存知ですね?自己申告、つまり自分たちで税務処理したものを元に税額を確定して申告するわけですが、そこで何か間違いがあったときには税務署さんからの厳しいチェックが入ります。

普通は不正に事実をつかんだからとかの理由ではなく、申告内容についての確認の意味で行われます。
普段からきちんと正しい税務処理をしていれば、逆に信用や信頼をしてもらえる絶好の機会となりますが、そうでなかったら容赦ない質問や調査が実施されます。

納税とは義務であり、ある意味自分たちの企業の成績表みたいなものかもしれません。(自己評価ですけどね) そこで大失敗しないために、先生である税理士さんに事前に採点してもらいましょう。

税務処理の必要性

4月 6, 2008 on 10:26 am | In 税務処理の必要性について | Comments Off

そもそもなぜこんなにも細かく税務処理をするのか?
簡単に言えば、正しく納税するためですね。

きちんと申告・納税をしないと、当然のごとく税務署からチェックが入ります。
それが皆さんよくご存知の税務調査ですね。
そのほかにも「取引資料せん」というものがあるのですが知っていますか?
これは税務署での簡単な資料集めです。封書で送られてくるのですが無作為で対象をピックアップして選んでいます。提出はあくまでお願いとなっていますが、放っておくと催促状がきたり調査官が調べに来たりすることもありますのでちゃんと対応しましょう。

日ごろからきちんと帳簿などの整理・管理を行っていれば、急なことにも対応できます。
平素からの心がけて管理・把握しておきましょう。