税務処理に必要な・・

4月 30, 2008 on 10:42 am | In 税務処理の仕方について |

税務処理について色々調べていると、「~費」という言葉がよく出てきます。
これは勘定科目の中の一つです。
会計処理や税務処理を正確・迅速に行うために使われているのが「簿記」。
これを使って、色んな帳簿記載をして経営の中身を把握するわけです。

参考までに簿記の資格について少々ご紹介します。
一般的によく知られているのが「日商簿記」
日本商工会議所が実施する簿記検定試験で、1級~4級があります。
試験科目は、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4科目で、70%以上の正解率を得れば合格です。
他には社団法人全国経理教育協会の簿記能力検定試験(全経)、財団法人全国商業高等学校協会の簿記実務検定試験(全商)、社団法人全国産業人能力開発団体連合会の簿記能力検定試験(全産能連) があります。

No Comments yet

現在コメントフォームは利用できません。