どんな税務処理?2

3月 21, 2008 on 10:08 am | In 税務処理の仕方について |

日本では夏にはお中元、冬にはお歳暮といった慣習がありますよね。最近は自粛しているところも多いですが・・
百貨店大手の高島屋によると平均単価は約5千円だそうです。

企業が取引先にお中元を贈った場合の税務処理はどうするのだと思いますか?
税務上の記帳の仕方として「交際費」として処理されます。
「単価3千円以下のの贈答品は交際費にする必要がない」という考えがあるようですが、これは大きな間違いです。

お中元・お歳暮・又はてみやげといった最初から贈答を目的としているものは、交際費として必ず税務処理しましょう。
また税制改正により取り扱いが変わることもありますので注意。「1人あたり5千円以内の飲食費について除外できる特例」などもありますから。
ただし除外できる「飲食その他これに類する行為のために要する費用」とは国税庁によると「通常の飲食代以外では得意先の業務遂行などの際して、弁当の差し入れを行うための弁当代などが対象」になっています。

だからお中元・お歳暮は5千円以下(少額?)でもきちんと税務処理して帳簿に記載しましょう!

No Comments yet

現在コメントフォームは利用できません。