税務処理と性分

9月 22, 2010 on 10:37 am | In 税務処理の話 |

税務処理を行う人はその規模の大小もあり、様々だと思います。
大企業での経理などを行う人もいれば、脱サラして自営業をした方、現金商売を行うお店の方
もちろん千差万別ですね。

その中でも個人の方によくありがちな、仕事も家庭もごちゃごちゃな方をよく見かけます。
家自体が店であったり、家に帰っても仕事をしていたり、そんな場合、家庭のものと仕事のものときちんとわけて税務処理をしていますか?

まず、ためないこと!
これが第一です。

よく宿題でも家事でもそうですが、ためてしまったら後が大変。
そんな思いをしたことは誰にでもあるはずです。
もちろん税務処理の元となる領収書、現金出納帳など、たまったままになっていませんか?
自分ひとりしかいないから、現金の出入りや銀行口座の入出金は少ないとはいえ、ためこんでしまうと大変です。
特に、家と会社がごっちゃになっている人は要注意です。
どれが家事消費でどれが会社の分がそのときはわかっていても、時間がたつと、全くわからなくなってしまいます。

税務処理を正確に行うには、ためないでコマめに帳簿をつけ、申告に備えなくてはいけません。

私の知り合いですが、旦那さんが自営業で、奥さんはその経理を担当しているのですが、もう1月から8ヶ月もたっているのに、一度も帳簿をつけるのはおろか、領収書の整理もしていないそうです。
どうしているの?聞くと、1月になったら、まとめてしているよ!
って。
彼女も仕事に出ていますから、大変なんだろうなーとは思いますが、結局、毎年1月2月に徹夜続きとなり、ひどい目にあっています。
やっぱり、経理や税務処理に向いている性格とそうでない性格があるんだなーといつも思います。

No Comments yet

現在コメントフォームは利用できません。