パソコン関係の税務処理

5月 27, 2010 on 10:26 am | In 税務処理の仕方について |

こんにちは。
今日は子どもの遠足のお弁当にキャラ弁を朝から作って、今日一日の力を出し切った感じの管理人です。
せっかくの遠足なのに雨でとても残念ですが、お弁当だけでも楽しんでくれたらなーなんて思ってます。

パソコンのない会社は今時ないのではないでしょうか。
もちろん税務処理をするのもパソコン、いろんな書類をだすのもパソコン。
いろんなシステムを利用していたり、パソコン関係の支出に関する税務処理も様々です。ソフトウェアを買ったとき、開発したときなんか、請求書を見ていても一体なんのことだかさっぱりわからず、何の費用なのか?チンプンカンプンな場合があります。
まずはITの用語から学ぶ必要があるのかもしれませんね(汗)
その費用がどの経費にあたるのかよく把握して税務処理を行っていきましょうね。

ソフトウェアの場合、「ソフトウェア」という勘定科目で処理します。
そして資産計上を行い、もちろん減価償却していきます。

耐用年数は
販売するもの→3年
会社で使用する目的→5年
研究や開発用→3年
となっています。

間違えやすいのは、あるソフトウェアを購入した代金が20万円だとしましよう。
普通なら資産計上いたしますが、そのソフトウェアはライセンスがパソコン5台までとされていた場合、そのソフトウェアを5台のパソコンで使用できるということになります。
権利の対価として20万支払いますが、5台分にそのソフトウェアが使用できることになります。

そういった場合は一台あたり、4万円となり、すべて損金として参入します。

No Comments yet

現在コメントフォームは利用できません。